肌に乾燥を感じやすいなら軽い乳液よりも保湿クリーム

ビル

洗顔後に化粧水を付けたら乳液という順番のスキンケアをする女子は多いですが、乳液は水分を多めに含む油分です。
化粧水の水分を肌から蒸発させないために、油分を含むコスメを肌の上に使いますが、乳液だと物足りないタイプの女子の肌もあります。
水分を含む乳液はとろみがあって肌の上でも伸ばしやすく、軽いテクスチャーなので使いやすさが魅力です。
でも肌の水分を保護する目的で使用する際に、軽すぎて乾きやすいという面は否めません。
もちろん乳液がフィニッシュのアイテムでOKな肌を持つ女子もたくさんいますが、自分の肌質に合わせての油分の入ったコスメを最後のケアに盛ってくることも大事です。
肌の状態と向き合った時に軽い乳液ではなく、こっくりとした保湿クリームのほうがある肌タイプもあります。
日ごろから肌に乾燥を感じやすい人や、乾燥から招かれるたるみやしわを気にしている人、大人ニキビが何回もできるようなら、保湿クリームで濃厚なケアをすることです。

sub置換

ビル