きれいなベースメイクには化粧下地が欠かせません

ビル

ベースメイクをきれいに仕上げたいので、複数の化粧下地を用意しています。
その時のお肌の状態に合わせて化粧下地を選んで使うことで、いつでもきれいなベースメイクが実現します。
たとえば、お肌が乾燥している時は、保湿成分が配合されている化粧下地を使っています。
また、お肌がくすんでいるときには、ブルー系の化粧下地を使ってくすみをカバーしています。
最近は小鼻や頬の毛穴が目立ち始めたので、毛穴をカバーできる専用の下地も大活躍します。
スキンケアで保湿をした後、毛穴が気になる部分に少量を塗りこんでから化粧下地を塗れば、毛穴の凸凹が目立ちにくくなります。
きれいに毛穴をカバーするために気を付けているのは、米粒くらいの量を毛穴に埋め込むように塗ることです。
量が多いとメイクがヨレやすくなって、きれいなベースメイクにならないので、使うときは十分に注意するようにしています。
ちなみに、皮脂が多い時期は余分な皮脂を吸着してくれる化粧下地をチョイスして、ベースメイクを完成させています。

sub置換

ビル