ささやかな彩りに使われるさやえんどうは美容野菜

ビル

あっさりとはまぐりのお吸い物に添えたり、昔ながらの醤油のしょっぱさと白砂糖の甘さが美味しい煮物に添えると、一気に食事の彩りが豊かになるのが繊細に見えて良い仕事をする野菜のさやえんどうです。
日本料理は味噌や醤油を使って煮込んだり茹でたりするメニューが多いため、色彩的にはどうしても茶色ぽくなりがちですが、若さあふれる明るいグリーンのさやえんどうが添えられると、茶色になりやすい和食料理も色鮮やかになって、見た目にもより美味しそうです。
スリムでささやかな存在に見えるさやえんどうは、あんなに小さくて素朴に見えながら、実は美容にも欠かせないビタミン類をたくさん含んでいます。
見た目がシャープでキュートなだけではなく、何気なく彩りで食べているさやいんげんは、女子にうれしい美容食材の一つなので、添えるだけの存在ではありません。
まだ中の豆が大きくなり切っていない状態のさやえんどうは、育てている途中で若い段階での収穫です。
だからこそ成長を仕切った豆よりも、若さあふれるだけに美容にも嬉しい、ビタミンCの含有量は多くなります。

sub置換

ビル